それは我侭というモノ
いつも想います
大好きな人の「必需品」になりたいと
いつもいつも想います

時々想います
大好きな人に「嗜好品」のように扱われたいと

我侭いっぱいに想います

想ってるだけで絶対的な欲望じゃないんです
あれを話そう、コレを伝えようって会えない間にアレコレ考えてる事の一つなんです
逢ってしまえた瞬間にそんな事忘れて沢山笑って沢山欲張ってるウチにすっとんじゃうんです

寂しくしてる一人の私の我侭な独り言なのです
はなはな



ちっと修正(-з-)
スポンサーサイト
【2008/04/15 23:31】 | 駄日記 | page top↑
| ホーム |