ちょっちょこちょ
チョコレートの塔


何層にも重なった琥珀の壁や床に金の飾りを施してある
豪奢な広間の真ん中で深く澄んだ赤い衣装のお姫さまが鏡に向って仏頂面をするの

「私の事全部判るなんて、偉そうに言わないでよねっ!」
そしてニッコリと微笑のレッスンをするの
「私の事何も判って貰えないなんて甘えないでよねっ!」
そういって細いウエストをポコンと叩くの

そんな物語の場面が見えてきそうなケーキさんです
Maison grace Angeさんのチョコレートタルトです
このタルトは凄いんです、例えるなら
叱咤激励、飴と鞭???物語の美しい緩急
指圧となでなで
というような味のメリハリと凄い強さがあるのに
名乗らない旅人のように風と一緒に去ってしまうんです

恋に落ちたり、燃えたりするにはピッタリなお味だと思いました
恋は錯覚ですしどこまでも独りよがりですし
何をしても自分のためにしか出来ないのですが
それでもケーキが美味しかったりパンの美味しさで泣けたり
髪の毛洗ってあげたり寝顔見つめたり
世界のいちいちがいつもより素敵なのは、それを伝えたい貴方がいてくれるからです

所詮所詮と笑いながらになりますが
どこまでもどこまでも私の為っぽいんだけど、それでもありがとうって思っているのです
何か私から出来る事があったらヒントをください

ふろすとしゅがーふろすと


今年の雪はとても本気な雪みたいですけど
そんな中で一番激しい降りの中お夕飯に出かけられた事
雪国みたい、スキー場みたい!北の国から歌うしかないみたいって笑えた事
さむいさむい中さむいって笑いながら可愛らしいお店のドアを開けられた事
扉のむこうの美味しい香りが暖かく包んでくれて泣くほど嬉しく思えた事

いつもいつも感じる事だけれど私達の傍にいてくれるおでぃとの神様は
特別びっくりさせ好きな気がします
私はいつもびっくりするくらい楽しいのです 



スポンサーサイト
【2008/02/16 17:53】 | 駄日記 | page top↑
| ホーム |