なにもないね
発光ダイオードの活躍により
クリスマスの飾りは昔よりもっと垢抜けて
なんとなく涼しい光で彩られてる気がします

どこのお店を覗いても寄り道をしても
何をプレゼントしようかな…ってサンタ役が出来る事を
心から嬉しく、有難く思いながらブラブラしてます

そして悲しくなります
私が欲しい物は私の中に一つもないのです
きっと私の欲しいものもお金みたいに寂しがりやで
仲間がいない私の所には寄ってもくれないのだろうと思います

隣を歩いたら繋ぎたくなる優しくて細い指
別れ際もう一度引き寄せて抱きしめたくなる華奢な肩
次会える日までの約束と予約の口付けをしたくなる唇
大好きな人の子のおかーさんになれる体
愛する人を休ませてあげられる健やかな心
たくさん・・・たくさん・・・
どれもこれも私には何も無いのです

大好きな人にとても似合う幸せを築けない私という要素
決定的に欠落した要素は無駄というヤツでしょうか
むかし私を不良になれない不良品と言った人がいたけど
本当にそうだなぁ…って今でも納得してます

大好きだもの、幸せになってほしいです
こんなに幸せをありがとう、私もそうしてあげたいです
単純です、私の中の全ての無駄を省いた言葉です
スポンサーサイト
【2007/12/01 09:57】 | 毒日記 | page top↑
| ホーム |