ネタ下書き
私は本日、それなりに忙しい仕事をソコソコに放り出し
半休を取って友人の話しを聞きに少しだけ値段の高いカラオケ店の一室にいた
やはり禁煙の部屋は居心地が違う、ヤニのニオイがしないだけで相場+2000円の価値は充分に感じた。

前もって店に断りを入れて持ち込みを許可されたケーキを箱から取り出しながら、私は友人にいつでも話しはじめてくれと言った。
彼女はこれから壮大なる失恋話しを始めるのだ。
別れ話しを切り出したのは彼女の方だというのに…。
とは言え、失恋。恋を失ったという意味ならばドチラから振ったにしろ失恋は失恋に違いない。
失恋愛バナシとでも言えば更に適格か?。
私は頭の中でクダラナイ言葉を繋ぎながら、自分が程々に冷めている事を確認した。
失恋愛話しに過剰な同情は禁物なのだ。
目の前の彼女はヒールを脱いで足元を寛げると、いいお値段のケーキを安っぽいプラスチックのフォークでつつき
滑らかなクリームを頬張った。
「…うん。おいし」
「良かった」私は彼女の脳みそが甘いものを得てセロトニンを放出した様を想像してホッとした
「あいつは狡いオトコだったわ」彼女は言った
「アタシ長くは話さないわよ、自己嫌悪にならない程度にして残りの時間は歌うからっ」
彼女の決意表明に私は敬意を表しながら頷いた
「りょーかい」そう言った私の手元からケーキの箱を包んでいた包装紙を取ると、彼女はボールペンでこんなことを書いた
『不器用さ≒愛しさ』
「ほぼ?」私は尋ねる
「限りなくイコールに近かったけれど、本当にイコールだったら別れたり出来なかっただろうから…『≒』なの」
「なるほど」私もケーキを解体しながら彼女に話しの続きを求めた
「あいつは丸儲けオトコなのよ、風邪をこじらせた不摂生が影があるように見えたり、だらしない寝癖が雰囲気イケメンに見えたり…」
私は内心随分些細な所から切り崩してきたな…と思いながらも相槌を欠かさない
「それは…、役者か小説家…詐欺師のたぐいがもつアノ遺伝子ね…」
「そうなの…最悪なパターンとしては心中をせまるような…」
そう言うと彼女はふるふると頭を振った
「あいつはイチからジュウまで不器用だった、それがなんだか凄くサマになってて…」
「うん」
「一緒に眠る時もそうだった、あついはアッチまでからきしで自分だけ先に果てちゃうと申し訳なさそうな顔をして、アタシの胸のあたりに抱きつくの」
「うん」
「そうするとね、アタシ自分が不発に終わった事も忘れて子猫を撫でているような気分にさせられちゃって…」
「…重症ね…」
「だよね…、それでもこのままコノ子のママになってあげてもいいかななんて事も何回も考えたんだ
 それもいいなって何度も思ったんだ」
「絆されちゃったんだ」
「それは見事に」
何故彼女は別れ話しを切り出せたんだろう、そんなに重く人を許してしまった後で
「だけどあいつね、ヒモになるにも不器用で」
彼女は口元だけで笑った
「どんな仕事も続かなくて生活も不器用だったのに、なんかアタシなんかから見たらビックリするような才能があったんだよね」
「…へぇ…なんか意外な展開」
「うん、アタシも驚いた
 だからね、コレは違うなって瞬間的に思ったの。コイツの不器用さは将来解消されちゃうなって」
「うん」
「そしたらあいつのママになるつもりだったアタシは将来不必要になるのが見えたんだ」
「それは・・・立ち直れないね」
「だよねーっ、だから迷わずに別れた訳よ」
「じゃあつまりコレだ・・・」私は言いながら彼女の落書きに一行文字を付け足した
『不器用さ≒愛しさ/悪女の深情け』
「ギャー」彼女は大げさにテーブルにつっぷした
「なのよなのよ、そうなのよ。アタシの情が悪質なのよーっ」
「そしてソコに彼の不器用さからの脱却」私は追い込むように言っていた
「愛しさの崩壊だわ、アタシの情けの行き場は消失よ」
彼女はフォークを加えて弄ぶとだらしない姿のままで言う
「こうして話してる時はいいの、イヤな所も思い出せるし別れた理由も正しかったと思える。
 なのに眠る前には必ずあいつのうなじのニオイが襲ってきて苦しくなる」
「辛いけど…後遺症はしばらくは仕方ないよ」
「あんたは今日も冷たいっ、本当に知り合った頃から今の今まで必要以上に熱かったタメシなしっ」
「うん…ごめん」
彼女は目じりに涙を浮かべながらうっとりするような微笑を返した
「アリガトね、大好きだよ」
「どういたしまして」
彼女はソコからスイッチを見事に切り替えるとカラオケのリモコンを軽快に操作しはじめた。
部屋には賑やかな音楽が流れ始める
私は彼女の言葉に舞い上がる自分の気持ちをなだめながら、グラスの中の氷をかき回す。
カランカランと揺れる氷に呟く、どうか彼女とのこの距離が永遠でありますようにと。
スポンサーサイト
【2012/07/08 17:09】 | 記憶 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あなたと私の大事な日~その質~
7の漢数字について調べましたが
ついに漢数字も普段見かけない文字になってしまいました
ねね子、もう七回目の大事な日ですよ

私は今、あなたの居ない部屋で湿度計を眺めましたよ
この部屋の湿度は52%です
理想的な湿度と言えると思います
もしあなたがここに居たら、その事を心地良い物として気に入ってくれたでしょうか?
あなたが私のもとに来てくれた季節は随分と体に優しい季節なのですね
あなたを産んでくれたお母さん猫はちゃんと季節と相談してあなたを送り出してくれたのだと
そんな風な想像をします

今年のこの大事な日は私の反省の日となりました
去年の夏に新しい住まいに移り住み一月程たった頃だったでしょうか
私は会社を10日間休んであなたをこの家に迎えました
私はあなたが居てくれれば本当に幸せであれるので
あなたもそうであればいいな…という自分勝手な理由であなたをお引越しさせてしまった訳だけれど
あなたの生活にとって慣れ親しんだ場所と騒がしくても常に誰かがいる事
それから外から他の猫さんの匂いが強くしないこと
嫌いな事が多く無い事…その他私が見つけられなかった色々な理由
それら全てがあなたのストレスになってしまった事が本当に悔やまれてなりません

新しい家族もあなたとは上手に付き合えなくて…

あなたが私の腕の中でたまに唸りながら眠っている姿を見た時
私は正直色んな事が嫌になりました

自分の思い上がりも
あなたの気難しさや素直さも
新しい家族の猫という生き物に対する理解の無さも
環境の悪さも、仕事の忙しさも、実家の問題も…

何よりそういう物全てに繋がりのある自分という存在が
昔母が言ったとおり私が全ての良くない事の根源であるという意味が本当なのだと
強く自分を否定しました

ですが、私のそんな安っぽい自己否定などで
あなたのストレスが和らぐ訳ではないのです
私の自己憐憫にあなたを付き合せる訳には行かなかったので
私はあなたと離れる事を選びました

色んなことが怖くなってしまったあなたを実家に連れ帰り
粗相をしたあなたと一緒にお風呂に入り
綺麗に洗いあがったあなたが実家でゆったりと横になった時、私は決めました

あなたと私との間には時間や距離が出来て、思い立った時直ぐにあなたを抱きしめる事は出来なくなってしまうけれど
コレが、けしてあなたを孤独にする為ではないと
あなたに間違っても捨てられたなんて気持ちを感じさせないように
私は毎朝あなたに会いに通う事、ついでに大ババの様子も確認しましょう
家族に日曜日の夜は実家に泊まってあなたと眠る事を許して貰う事
あなたが自分の不快を訴えられる私でいる事

達成度は今のところ8割と言った具合ですがどうでしょうか?

今あなたは体の不調が続いていますね
それはやはり私が理由である所が多いのだろうと思います
あなたがごはんやオイシイを沢山欲しいというのをダメだと言える人が傍にいない事も
突き詰めれば私の責任です
根気強く改善して行くのでもう少し待ってやって欲しいと思います


前略愛しのねね子様

私はあなたの居ない家が寂しくて仕方ありません
あなたの柔らかさが私の孤独の殆どを埋めていてくれて居た事を痛感していますよ
一人で泣くことも増えました
それでも私はあなたのお母さん猫のように
季節と環境と相談しながらあなたが長く元気でいられるように努めないと、と自分に言います
なのであなたも新しい私たちのありかたに少しだけ慣れてくれると助かります

【2012/05/27 18:09】 | 記憶 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あなたと私の大事な日~その陸~
あれよあれよと時は過ぎ
日々に流れ時に砕け
積み上がる物もあれば、削れ失せる物もあり

私の希薄な心の糸口にいつもあなたが居るように感じます

今年も又無事にこのタイトルで日記を書くことが許されました

今年はあなたと私を取り囲む世界に色々な事があった春でしたね
あの日、あのまだまだ春の遠かった三月の震災
あの時あなたは私が留守で、私の部屋が一番被害が大きかったというのに
あなたは私の部屋を選んで飛び込んで押入れの奥で鳴きもせずにじっとしていましたね
最初は崩れた荷物で扉も開かず、あなたを見つける事が出来なくて
本当に心が震える思いでした
こんな私の気持ちの何倍もの苦しみが幾つも重なってしまった春を私たちは過しましたね
地震の後からあなたは震度3位の揺れだとジッと私を見つめるようになり
震度が4を超えるとひっそりと机の下に潜るようになりました

どうしてだか起きる訳の判らない事に対してもちゃんと対する事を学ぶ姿はとても尊い物のように思いましたよ
次々と舞い込む暗い話題に落ち込むばかりの私よりあなたの方が何倍も賢明ですね
それでも毎日の揺れはとてもストレスだったのでしょう
あなたが結石に苦しんでいると知った時は本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました
あなたはふとっちょさんです、それはそうです当然です
あなたは大きくなったら私になるつもりで毎日を過しているんですものね
あなたのわがままを制することの出来ない人間は罪作りだと思いました

あなたがおトイレにおでこをくっつけてどうしてちゃんとおトイレが出来ないのか
悩む姿はとても苦しそうでした、本当にゴメンなさい

それでも幸い砂のようなサラサラした結石で薬で直ぐに良くなってくれて
本当に有難かったです

私は近頃あなたのする「匙加減」がとても不思議でならないのです
私をそっと起こしたい時に、あなたはどうやら私の枕のそばで私の眠りが浅くなるのをじっと待っているのですね
そして私が寝返りをうつと枕の横に座り込んで
そっと・・・本当にそっと私の鼻に前足で触れますね
私は本当はソコで目が覚めているのですがこの先のあなたの「段々」が可愛くてついつい狸寝入りをしてしまいます
そっと触れていた前足からほんのちょっとずつ爪が現れて、ちょっとずつ私の鼻を押す力が強くなって長くなって

それはとてもデリケートでとても可愛らしい目覚ましです

あなたの「匙加減」はとても正直で私があなたの寝込みを襲い過剰に可愛がろうものなら
次の日の朝は早めに痛めに起こしに来てくれますね
ちゃんと仕返しに来てくれる事が私は嬉しくてたまらないのです
色んなことがあったからこそ、益々あなたの毎日が気持ちの良い物である事を祈ります

前略愛しのねね子様
あなたはとても上手にサランラップをお皿から剥がしてしまうけれど
もうそれは絶対に許されないのですよ
もう大じじにも大ばばにもチョット位は禁止と言いました
病院の先生は
「かわいい、かわいいねねちゃんカワイイ写真とりたい、でも健康的にはダメー」と仰ってます
先生のいいつけを守ってお腹が痛くならないようにしないとダメなのです
いつもでも似たもの親子でいたいけれど
元気でなければ「いつまでも」はないのです
だからチョットだけ美味しくないご飯で我慢してください

その代わりにまたたびで一緒によっぱらいましょう
ヤケまたたびくらいなら先生もきっと許してくれますよ




2011052701
鼻ポチ目覚まし直後の「どや顔」

2011052702

ねこ柄のマットに浮気の疑惑?

2011052703

ねね子の寝姿はとても気持ちがよさそうです

2011052704

本当に本当に気持ちよさそう
【2011/05/28 01:50】 | 記憶 | トラックバック(0) | コメント(543) | page top↑
今年の事は今年のウチに?どき生もあるよ
今年もあと僅か
数時間後には御用納めに続いて、病院納めやら
年末年始のバイトなどが始まります

近頃は死について考える時間が増えました
昔からだと言えば変わりがない事なのですが歳を重ねる毎にそれは変わって来ているように感じます
苦しい日が再び増えているせいもあるだろうし
笑う日が多くなった事も関係していると思うし
素晴らしい物に触れるチャンスが増えたせいもあると思ういます

それぞれが私の中で一度死を迎えて私の中で私なりの形になって生まれている
そういう気持ちの新陳代謝のような物が一時期より活発になっているように感じます

私の中で色や線になっているものが手から出ずに私の中でだけ死んでゆくのも
寂しいようなエコなような複雑な気持ちです

そんな今年のライブ納めはドキ生アコースティックになりました

一番手のproject megawasabiさんたちは一般人ではないアーティスティクな雰囲気を纏った方々でした
ドラマチックなメロディアン忘れがたい音です
セクシーなボーカルもステキでした

二番手の絵師じゃないKEIさん
溢れんばかりのポジィテブシンキングに思わず目をそらす私…
耳だけしっかりダンボでした

三番手はお目当てのナノウさん、泣かすか微笑ませるかどちらかにしてーーーと言いたくなりつつ泣き笑い
ナノウさんはもうなんとかして一生歌える地位を手に入れてほしい気持ちでいっぱいです
沢山泣きました、ごちそうさまです

おおとりは古川本舗渋谷営業所
古川殿イケメン自重でござる、美声にも程があるちびた姫
こちらの皆さんも泣かせるか笑わせるかどちらかにしてくれさいっと言いたくなるほどのナイスパフォーマーっぷり
カホンもアコギのクリアトーンも大好物なので大変嬉しかったです

ドキ生は会場全体に愛が漂ってて素敵です
空気を読むのが上手な方々が揃っておられるせいでしょうか
思いやりという名の愛が溢れちゃうのです
スタッフのすぐ殴っちゃう某銀様にもご親切にして頂きご老体の我々は寒風に晒されることも無く
生暖かく会場入り出来たりしたのです、大変にラッキィでした
ラッキィといえばリハを終えたナノウさんと会場外で遭遇!
こりゃ今年の運を使い果たしたなってな位嬉しかったミーハーな私でした

実はコチラに向かう前に渋谷のウワサのパン屋さんBoulangerie Patisserie BRASSERIE VIRONでガッツリ美味しい朝お昼を頂いたのでした

ヴィロカ02
ヴィロン01

かねてより気になっていたエシレバターを頼む事を忘れない周到さ…
これだけのパンを食べつつデザートを忘れない貪欲さ
バゲットはもう少し麦臭くても好きです
エシレバターはそのままケーキになりそうな甘みのあるバターでした
日頃有塩バターで慣らされている舌には驚きの甘みです、パンの香りとよく合うステキなバターでした
デザートも久々に「あっ、これはイイ」という感じのムース
ムース系は酸味とクリーム感が喧嘩すると涙が出そうになるのですが
コチラのムースは甘くて香りが良くて私の好きなタイプのムースでした
上に乗ったマカロンも可愛い顔してしっかりコクのある良い子でした

これで贅沢納めかな?なんて思っていたのですが
先日お出掛け先のFrancfrancでコチラの時計に一目惚れ!!!
くりすます
クリスマスプレゼントに買って貰いました
可愛いのです、すごく可愛いのです、時間が見難いけど可愛いのです
これが壁に掛かっているだけで何だかニヨニヨしてしまうのです

今年はこの時計を眺めながら年を越す事になります

今年も色々ありましたけれど、それでもなんとか今日まで命がありました
思い出せば嬉しくて反対側から出てきちゃう日も沢山ありました
これもひとえに私の話を聞いてくれたり、話してくれたりする皆さんのお陰です
またしてもまたしてもお世話になりました
どうぞ皆様お風邪など召されませんように良いお年をお迎えください

@charsuke ぉ茶
【2010/12/27 21:52】 | 記憶 | page top↑
りゅリュLyuのLyuん
優性 劣性 劣性 優性
すれ違う私達の品評会
毎日 毎晩 毎秒
劣性 劣性 優性

私のそばを通り過ぎたキミは私の命が閉じるとき
この命に名前をつけてくれるだろうか

劣性スタンプたっぷりの

私の命に名前をくれるだろうか




言ってまいりましたLyu:Lyuのワンマンライブ
下北沢という超オシャレ人間の巣窟に初めて乗り込みました
いくら手強いアウェイとは言え楽しまなければ勿体無い

手始めにウワサのクレープやさんアンドレアへGOしました
現地でゆいちゃんさんが先に調査に入ってくれていたおかげでホワーーと下北沢オーラにやられつつも
無事に辿り着けました
ちびっ子の手にタップリのクリームのクレープが素敵で店主のおねーたまとお喋りしながら
おいしーくておっきーのを頂きました
自分で好きなように具を組み合わせていいだなんて言われたら何度も通いたくなっちゃう
モチモチの皮がうまうましいクレープでした
あんどれあ

Lyu:Lyuのドラムの有田さんが薄着で来いって仰っておられたので
老体に鞭を打ちポンチョをコインロッカーにインして下北沢をうろつく私達
なんというオシャレゾーン、なんというお買い得価格、なんという美麗フランス人(?

途中でウサギちゃんのいるカフェに入り生モフモフに指をつっこみまくったりもしました

素敵なお店が沢山あったので又改めてお邪魔したい町なのです

そしてそして並びましたよ、チケット交換
取り合えず一銭でも多くお金を使わねばという謎の使命感に支配されながら
色々グッツも買いました
おたからよ
山盛り照れながら部屋に張ってみようかしら
ポスターの類がとてもとても恥ずかしくて張ったことがないのです
なんだか部屋にこのLyu:Lyuの文字が輝いたりしたら毎日が照れこっぱずかしいような気がします
好きって気持ちの副作用は不思議なものです

色々お話しながら時間が過ぎるのを待ちましたが
周りの人みんながみんなLyu:Lyuワーイなのかと思うと、それだけでなんだか
不思議な高揚感を味わいました
若いお嬢さんが沢山おられました、当然です私達が早くに生まれすぎたのです
周囲の話題が若々しいなか、延々と会社の事を話してしまう我々
そしてとうとうなにやらムーディーな煙がもこもこと会場に立ち込め始めました

ムード作りすごす・・・などと茶化してみるものの
気持ちはドキドキ
実は前日会社でとてもショックな事があって泣きすぎて体調も気持ちもズタボロだったので
折角楽しみにし続けたこの日を楽しめなかったらどうしようととても不安がありました

けれどもですね
だけれども
拍手に包まれて有田ママンがお出ましになって、ずんずん純一さんがやってきて美肌コヤマさんが現れて
なんだかそれだけで胸がいっぱいになりました
目の前から押し寄せてくる音、3ピースってこんなに奥深く音を織り成すのかと
驚きと感動でいっぱいになります
ズタボロの私の中を有田さんのドラムは見事にスパーーンと突き抜けて
純一さんのベースのひたひたと押し寄せるようで
コヤマさんの声とギターは空気を震わせました

悲しい日には悲しい聞き方があっていいのかもしれない
三回ほど涙腺を崩壊させながらそんな事を思いました

私がどれだけ言葉を費やしたってこの素敵な体験が伝わるとも思えないのです

ただ心の真ん中でこの人たちはあっというまに波紋を広げて遠くに行くのだろうなぁとそんな気がしています
その時でいいので私が騒いでいた感動を、なるほどねって誰かが言ってくれたらいいなぁと思っています


ずんずんの貴重なトークも素晴らしかったし
有田さんの黄金の腕に触りすぎてその夜有田さんに嫌がられて座禅を組む夢までみちゃいました
疲れてるのに二度も握手してくれたコヤマさんは歌ってる時のモンスターっぷりはどこへやらの好青年まるだし

遠慮がちなアンコールも気さくな掛け声も全部全部私の自慢の体験です

ああ、思い出すと気持ちがもちゃくちゃになるほど素晴らしいワンマンだったのでした まる

セトリの写真を撮らせてくれたお嬢さんありがとう
オバチャン焦ってアワアワして恥ずかしかったズラ
わんまんセトリ
【2010/12/18 00:52】 | 記憶 | トラックバック(0) | コメント(151) | page top↑
| ホーム | 次ページ